お金に困っていませんか?お金に困る人になるか、全然困らない人になるか。それはお金に関する知識があるかどうかの違いです。あなたの知らないお金の秘密をご紹介しましょう。

menu

お金に困らなくなるサイト|お金で失敗しないために

投資に回すお金を確保出来れば投機にチャレンジ出来る

  • 2018
  • 投資に回すお金を確保出来れば投機にチャレンジ出来る はコメントを受け付けていません。

会社員として入社した後に、全く同じ給料を得ていてもなぜか羽振りが良い同僚が出てくることを不思議に感じるはずです。

しかし、本当に資産形成をしているのは、地味な印象を受ける人だったりするので、お金の増やし方を知っておくと20年後に差が出ます。

最初の半年間で生活費の平均値を算出しよう

新入社員として入社してから最低半年間は、昇給無しの状態が続きます。

初任給のみで生活する期間に、生活費の平均値を出して家計を冷静に分析すると、後日浪費が始まった時に早期に気づけるわけです。

新入社員として入社してから暫くすると、保険の外交員による勧誘が激しく行われることがあります。

しかし、貯蓄型保険と定期給付特約付き保険は、保険会社のみが儲かる仕組みだと教えてくれる家族がいれば、隠れ資産家に生まれた可能性があります。

なぜなら、営業トークに騙されない確かな目を持った家族がいれば、自分が暴走した時にいち早く忠告してもらえるからです。
基本的な生活費を把握することが、入社から半年間に行うこととして最も重要です。

給料から生活費を除いた金額を全額貯蓄に回すのは勿体無い

給料と賞与から生活費を引いた金額は、最初の1年間全て貯蓄に回す人が少なくありません。

貯蓄を美徳とする日本人にとってごく自然な流れですが、入社から1年経過した時点で最初の見直しを行うと良いです。

なぜなら、マイナス金利政策が行われている近年では、預金を行っても利息は誤差の範囲ほど僅かしか無いからです。

お金は運用することで更に多くのお金を生み出せるという投資の考え方を入社から1年経過する迄に知っておく必要があります。

貯蓄はインフレにより目減りするという現実を受け入れる

銀行へ預け入れた預貯金は、バブル期とは異なり安全に保管してもらうといった意味合いしかありません。

物価上昇率よりも預け入れ金利が低い状況では、インフレにより貯蓄はむしろ目減りしているという現実を受け入れる必要があります。

貯蓄額のうち、最初は半分を投資に回してお金を運用する習慣を身に付けることが出来れば、資産家の考え方に触れることが可能です。

一代で起業から大企業にのし上がった成功者は、自分でお金を稼ぎ出せば良いという考え方を持っているので、資産運用についてはさほど関心がありません。

あくまでも事業収入を増やすという考え方に基づいているからです。

一方、資産家は代々受け継いだ資産を目減りさせないように、資産運用を行ってお金に働いてもらうという考え方を小さい頃から教え込まれます。

資産を守り続けてきた家系に属する人のみが、効率的な資産運用という考え方を新入社員として入社した時から知っているわけです。

投資と投機の違いを知って比率を自分で調整する

お金に働いてもらうという考え方を知ったことで、貯蓄からある程度投資に回すことがいかに重要か分かります。

しかし、投資と投機の違いを知らなければ、運用したつもりの資産を失いかねません。

投資は、収益性が高いという見込みから長期間に渡り資本を投下して回収金を得ることを目的としてます。

一方、投機は成功の有無は実際にやってみなければ分からないというリスクが高い代わりに、成功時には何倍もの利益が得られるというギャンブル性が高いものです。

貯蓄したままではお金が増えないことを脱却するために、投資から始めて余裕が出てきたらハイリスク・ハイリターンを狙って投機にもチャレンジすることが出来ます。

投資と投機の比率は、自分で調整することが出来るので、経験を積みながら資産運用を行うと良いです。

貯蓄・投資・投機の3本柱を育てれば早期リタイヤも可能になる

給与収入により生活費を賄える状態を維持していれば、貯蓄・投資・投機の3本柱を計画的に育てることが出来ます。

ポイントとなるのは、給与収入以外で得られる投資と投機からの利益は、新たに貯蓄・投資・投機に再分配出来ることです。

長期的に投資を行い、短期で投機による利益を得れば、給与収入に頼らずに自立出来るだけの資産運用が出来るタイミングが訪れます。

投機には失敗が付きものですから、経験値を積んで収益性が確保出来るようになるまでは、毎月安定して入る給与収入が安定した生活確保に欠かせません。

投資や投機を行う際には、借金を背負わないという範囲内で資産運用を行うことが大切です。
資産運用だけで生活出来るようになれば、早期リタイヤという夢も実現可能となります。

失業しても資産運用だけで生活出来る水準が目標

早期リタイヤを目指して頑張ろうと決意している人であっても、会社勤務による給与収入は安定した収入源に違いありません。

失業を行っても投機を除いた投資のみで毎月の生活費が安定して賄えるだけの状況となれば、早期リタイヤを目指しても良いタイミングとなります。

会社員として勤務した時に、今突然会社が倒産しても再就職せずに何ヶ月生存可能か考えれば、資産運用だけで生活できるかどうかが分かります。

年金支給開始年齢まで再就職をしなくても済むならば、既に資産家と同じお金に働いてもらう考え方が出来るようになっているわけです。

まとめ

会社員として勤め始めてから給料を全て使い切る生活をしていると、いざ会社が倒産した時に失業保険給付に頼ることになりかねません。

同じ給与収入であっても、最低限必要な生活費以外のお金を貯蓄・投資・投機にバランス良く回せれば、資産運用がいかに大切か分かります。

資産家は、お金に関する教育を両親から幼少期より自然に受けているので、一代で成り上がった大企業の子供とは異なり派手な生活をしていません。

給与収入が突然途絶えても、年金支給開始年齢まで資産運用だけで生活できる状態までお金に働いてもらうという考え方を実践出来るようになることが大切です。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

カレンダー

2018年10月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031